生活習慣改善により狭心症を失くしていく

狭心症を予防・治療して快適な生活を送りましょう。主な生活習慣病の1つとして挙げられ、場合によっては命にも関わります。

死亡のリスクがある病気

狭心症は発作的に胸の痛みや圧迫感を起こす病気です。心臓に酸素を送っている冠動脈が狭くなってしまい、酸欠状態になることで起こります。病状が進行すると完全にふさがって血液が通じなくなる心筋梗塞になり、死亡のリスクもあります。

発作は運動を行っている時に症状が出る労作性のものと、何もしていなくても起きる安定性のものがあります。安静にしていれば大丈夫ということはなく、常に苦痛が付きまとう疾患です。

高血圧、糖尿病といった他の生活習慣病と併発することがあり、放置するととても危険です。しかし、これらの原因はほとんどが共通していて、肥満や喫煙、偏った食生活、睡眠の乱れなどが挙げられます。これらに気をつけることで発病のリスクをぐっと減らせます。

また、狭心症はけっして治らないことはなく、初期の段階で治療すれば大きな病気には進展しないようです。そのためにも、いかに早く予兆を察知して治療するかがもっとも重要になります。しかし、この病気の恐ろしいところは取り返しのつかない状態になるまでとても気づきにくいということです。

前兆は全身に現れる

もっとも多い前兆として、胸が圧迫される、痛むなどが挙げられます。しかし、それ以外の場所に異常をきたすパターンがあります。以下のような症状は他の持病か何かだと勘違いしてしまうことが多いため注意が必要です。

・頭痛がする
・下顎が苦しい
・背中が痛む
・腕や指がしびれる
・一瞬だけのめまいや失神
・冷や汗が出る

初期症状であるこれらは違和感を感じる程度の強さで、また数分で収まることが多いようです。そのため、あまり危機的に感じられず病院に行かない方がたくさんいます。その結果、命に関わるレベルまで悪化してしまうようです。

狭心症は死亡するリスクもある危険な病気です。悪化するまで気づきにくいことが死亡率の高さに拍車をかけています。ピンポイントに予兆を捉えることは難しいため、身体に違和感を感じたら、何はともあれ医師に相談するという習慣を付けましょう。

未然に防ぐには、食生活や運動、ストレスケアなどの食生活を改善していく必要があります。生活習慣を改善していくことで、狭心症を始めとするさまざまな疾患がなくなり、健康的な日々が過ごせることになるでしょう。